気液・液液界面の固体壁での動特性

近年,MEMS等に関連してマイクロチャネル内における二相流の流動特性が注目されている.マイクロチャネル内における二相流動は,壁面がもつ濡れ性によって生じる毛管力によって大きな影響を受ける. 現在,理論解析,数値シミュレーションならびに小規模実験を用いて,微小隙間内を毛管力で進む流体の界面挙動を調べている.なお,数値シミュレーションには,上記の二相系格子ボルツマン法に壁面の濡れ性効果を導入した手法を開発し適用している.

表面張力を駆動力として微細な間隙に液体を充填する。左は「隙間」が出来てしまう例。右は修正して成功!