Lattice Boltzmann Method

格子ボルツマン法とは,有限個の速度をもつ多数の仮想粒子の集合体(格子気体モデル)で流体を近似し,各粒子の衝突と並進とを粒子の速度分布関数に対する格子ボルツマン方程式を用いて逐次計算し,その速度分布関数のモーメントからマクロスコピックな流れ場(流速,圧力など)を求める非圧縮性粘性流体の数値計算法である.

格子ボルツマン法の特徴は,

  • アルゴリズムが簡単であり,また,並列計算に適している
  • 質量および運動量の保存性に優れている
  • 衝突項の形を変えるだけで単相流から混相流まで統一的に取り扱うことができる

ことである.
以下では,その結果の一部をビデオ等で紹介する.